ファミコンミニ テストパッドを改めて確認する

どうにかUSB-HOST使えないかな、っていうのと、
まだ何か使えるピンがあるんじゃないか、と気になっている人がいるようなので
少しまとめてみました。

 

SIDE-A で出てるのはほとんどAXP223の電源確認周りです。

f:id:honeylab:20170204123331p:plain

電源アダプタが付くんじゃないか、と考えられていたところは確かに、L二つを通して
AXP223のACINにつながってますが、Cとかもないので、その辺を調整しないといけなそうですね。

 

SIDE-Bで、他に使えそうなピンはほとんどないですね。
一応、コントローラ用にGPIOが2本と、TWIが2系統あるので、
その辺を工夫するしかないですね。

CPUの右肩にあるのは明らかにRTC用の32KHz振動子用です。
これ以外の詳しいテストパッドは、

http://linux-sunxi.org/Nintendo_NES_Classic_Edition

ここにもありますので参照してください。


AXPやUSB周りの回路図を近々起こしてみようかな、と思ってはいる。

 

f:id:honeylab:20170204123455p:plain