honeylab's blog

各種ハードウェアの改造、主にファミコンミニなどをやってます(ました)

保育園に隣接する公園との間のフェンスをぶち抜くべき

昨今、保育園のお散歩に絡む悲しいニュースがあって、同じ年代のこどもを持つ我が家にとってちょっと他人事ではない状況に胸を痛めているところです。

ところで、我が家の近くに少し広めの公園がありまして。

f:id:honeylab:20190514081654p:plain

こちら、近くに住宅も増え、日曜の午後などはボール遊びや追いかけっ子をする個で溢れ、最近増設された複合遊具は超満員の状態です。

そして、その隣接する土地、一昨年までは畑だったのですが、昨年度民間認可保育園が新設され、平日昼間の閑散時間、散歩コースや園庭代わりの運動場として利用されています。

結構大所帯の保育園なので割とうじゃうじゃ子供で埋まっているのでまるで専有状態で、特に申し合わせをしたのか、契約があるのか、ないのかそういうことはわかりませんが、そのように利用されていて、良しと受けられているのでそういうことなんでしょうか。

で、その保育園と公園の立地関係を図にするとこんなかんじです。

f:id:honeylab:20190514082600p:plain

保育園と公園の間にはそれぞれの境界にフェンスがあり、間に電柱と、自治会で使用しているゴミ集積所があります。また、信号のないT字路のちょうど突き当りで、交通量もそこまで少なくありません。
そのため、お散歩時間になると以下のようなルートで

f:id:honeylab:20190514083305p:plain

横方向の道はすれ違い可能ですが、地図上で上に向かう道は車がすれ違えないため、横の道から上の道に入ろうとした車が、向かってくる車に気づいて戻るためにバックしたりもするので、結構危険な交差点だと思います。
切り返しの途中でギアチェンジをミスったプリウスがいつ突っ込んでくるかわかりません。

 

そのため、保育士ががっちりガードしながら、数人ずつ何回も往復して子どもたちを移動させているのです。

 

…… いや、そのフェンス邪魔だろ!!!!!ぶち抜いちゃおうよ!!!

 

と、見ながら思っているのですが、ずっとこの状態ですし、素人目から見てもぶち抜いたほうがいいところに通路がないということは、何らかの理由でそこが通過できないのか、と静観していました。

しかし、今回、大津で起きたような事件もあったことだし、いよいよここどうにかならんのかな、とたまたま自治会役員と話す機会があったので聞いてみたところ

「働きかけては見たんだけど、民間と市の土地だから、とか市は全然やる気がなくて」

「市は全然市民目線に立ってない」とのこと。

危なくてみてらんないから、自治会として要望とか陳情とかしてみようよ、とか、地場の議員をちょっと動かしてみようよ、とかいう話にはなったので、近々また上に上がる話になるといいのですが。

ところでこの土地、「土地利用者の理解のもと、地域住民のために流山市が借りています」という土地で、地権者がうっかり貸してくれなくなると公園でなくなってしまうという将来の不安もある公園です。

そんなことないだろ、と思ったりしていたのですが、割と近くにある広めの公園が、相続のためということで隣の市との貸借終了してしまい、大きな住宅地になってしまいました。陳情もあったようですが、どうしようも無かったようです。

 

それはさておき、もしかするとそういった地主と店子の関係とか、住民とかの問題もあるのかもしれませんが、住民の安全といった目線からそういうものを超えられるよう仲介してくれるのが行政の役目だとも思っていますので、「子どもがすくすく育ちみんなで子育てできるまち 流山」を謳っている市として、ぜひ子供の安全のために、このあたりをどうにかしてほしいものです。