読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

allwinner A33ボードを買いました

ロスコンパイラが嫌いなため、どうにかセルフコンパイル環境を作ってやろうと
ファミコンミニのR16と実質同じはずのA33のボードを買いました。

A33-OLinuXino - Open Source Hardware Board

 

最初、国外から通販で買えることに気付かず、すごい悩んでいたのですが、
発送先を指定して、paypalで送金したら数日で届きました。すごいな。

 

 ファミコンミニ用にコンパイルしたu-bootから起動してみます。
MMCもちゃんと認識します。
ファミコンミニがMMCから起動しないのはソフトのせいじゃないのか…?

 

とりあえず、オフィシャルのカーネルdebianを書いて簡単に動作確認をしてみました。カーネルのバージョンは、3.4.39+とのことです。

 

さて、試しにNESから借りてきたkachikachiを動かしてみます。

 当然、コマンドラインオプションとかは普通に表示されますが、
NESを指定して画像描画しようとするとCould not initialize EGLで終了してしまいます。
これは、pcDuino A10で動かしたときも同じでした。
どうも、Maliのドライバが正しく読み込まれていないんじゃないかと思います。

オフィシャルのfsを調べているのですが、やはり、maliのドライバの痕跡が全然ありません。
maliを配ること自体に何か問題があるんでしょうか?

 もともとのNESのイメージには含まれてるんだけど、これ3.4.11用のやつだからたぶん動かないよね?

3.4.11をa33 olimex用に構築する、でもいいと思うんだけど、otgちゃんと動くの?とかいろいろ不安。

 

とりあえずmaliを探しに行こう…